スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都観光文化検定について

平成27年12月14日(月)
 昨日は、『京都観光文化検定』の受験日でした。昨年の3級に引き続き、今年は2級を受験しました。なかなかの難問でしたが、自己採点ではかろうじて合格できたかなと思います。1月末の合否発表が待ち遠しいです。

御苑の銀杏
京都御苑の銀杏(今出川御池)

 さて、もし合格なら次は1級ということになりますが、これは格段にレベルが上がるので、これまでのようなやり方では、全く無理だと認識しています。何故なら、回答が“択一式”から“記述式+論述式”に変わるということです。極端に言えば、択一式だとまぐれが一定の確率で発生します。受験生にとっては、これが結構助かります(^.^)。記述式となると、長年ワープロに慣らされた人間は、漢字すら書けないので地獄です。更に、最低合格点が70%から80%(満点は100点から150点へ)に跳ね上がります。しかも、最も大変なことは、配点が語句・穴埋め記述問題が60問、論文が5問ということで、記憶力だけでなく、文章の構成力(150文字から200文字)が求められてきます。こりゃアカンの世界なのです。

 ということもあって、1級の合格率は、直近のデータでは、4%余りとなっています。まぁ、でも家族にわがままを言って、再々、京都に行かしてもらうためにも口実は必要なので、頑張るしかないのです。

 では、今日も最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- coto - 2015年12月17日 23:22:46

こんばんは

この度はわたしのブログにコメントをいただきありがとうございます^ ^

京都検定にチャレンジされてるんですね

わたしもやってみようと思ったこともあったんですが、いまだ行動に移せず仕舞いです。

トラックバック

URL :

プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。