スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讃岐の国「こんぴら詣で」(その2)

平成24年7月29日(日)
 クンピーラというインドのワニの神様が、日本に伝来した時には、薬師如来の守護者『12神将(守護者)』の筆頭と云われる「クビラ(宮昆羅)大将」になりました。それが金比羅さんの名前の由来だそうです。ワニの神様ということで、転じて「海の神様」として漁師や船員さんに永く信奉されてきたようです。金刀比羅宮はもともとは『松尾寺』と呼ばれる真言宗のお寺で、その金比羅様を本尊としていたようですが、明治期の『廃仏毀釈』の荒波の中で生き残るために神社になり、現在では『大物主命』、『崇徳天皇』が奉じられています。そんな面倒くさい話は私にはよく判りませんが、詳しくはウィキペディアの記述をご覧くださいませ。

 さて、階段を幾つか上ると、やっと本宮に辿り着いたと見紛うほどの立派な社殿『旭社』(628段)が現れます。幕末から明治期の侠客『清水の次郎長』の子分で『森の石松』(実在の人物かどうかは諸説あるようですが・・)が、ここを本宮と勘違いして代参の途中で帰ってしまったというのは有名な話のようです。

旭社
旭社

 本宮は回廊沿いに進んだ先の階段を更に登り続けた先(785段)にあります。ここまで登ってくるとさすがに暑さでへとへとでした。社務所前のテント張の休憩所に置いてくれていた熱中症対策の『しお飴』が、気が利いていてとても嬉しかったのを覚えています。

回廊
回廊

 本宮あたりには、神楽殿や沢山の御社、絵馬堂などが配置されています。

金毘羅宮本宮
金毘羅宮の本宮
何をお祈りしているの
何をお祈りしているのでしょうか
御本宮
本宮
神楽殿
本宮から望む神楽殿
三穂津姫社
三穂津姫社
絵馬堂
絵馬堂

 そして登山者にとって何よりのご褒美は、本宮前の広場からの讃岐平野の眺望です。写真の中央左奥は『讃岐富士』と呼ばれる飯山です。確かにここまで登ると「もういっか」という気分になります。(つづく)

ご褒美
ご褒美

12神将

金刀比羅宮

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まっとめBLOG速報 - 2012年11月04日 12:20

まとめ【讃岐の国「こんぴら詣】

平成24年7月29日(日) クンピーラというインドのワニの神様が、日本に伝来した時には、薬師如来の

URL :

プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。