スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国霊場第72番札所「曼荼羅寺」にて(逆打ち その16)

平成23年10月22日(土)
 お遍路(四国八十八箇所)の記事を書くのは、随分、久しぶりです。

IMG_3114.jpg
曼荼羅寺のしおり

曼荼羅寺境内から山門を望む
曼荼羅寺境内から山門を望む(お遍路さんの姿がちらほら)

 さて、何でもない言葉が人の人生を大きく変えてしまうことがあります。北面武士で歌人であった佐藤義清(のりきよ)は、白河院の愛妾にして鳥羽院の中宮であった待賢門院璋子との道ならぬ恋に悩んだ末、出家してしまいます。たった一夜の逢瀬で「あこぎ」と云われたことがきっかけと語り継がれているようです。「あこぎ」の原義は「図々しい」とか「あつかましい」というほどの意味のようですが、恋い焦がれる女院からの一言は義清の心を壊してしまったのかもしれません。出家した義清は「西行」と号し、後に因縁浅からぬ崇徳上皇(璋子の子)を偲んで四国に渡ってきます。仁安3年(1168年)のことと云われています。

手水屋と本堂
手水屋と本堂

鐘楼
鐘楼

大師堂
大師堂

 その西行は現在の善通寺市辺りにしばらく庵を結び滞在したと云われていて、「曼荼羅寺」の本堂前には、「西行の昼寝石」といい伝えられる石が残されているそうです。実は筆者はそんなこととはつゆ知らず、スルーしてしまって確証を得ていません。写真に石らしきものが写っていますので掲載します。またいつか機会があったら確認して報告しますよ。

本堂
本堂(手前人物の向こう側にさりげなく、寝っころがるにはよさそうな「石」が見えます)

※北面武士(ほくめんのぶし)とは、院御所の北面(北側の部屋)の下に詰め、上皇の身辺を警衛、あるいは御幸に供奉した武士のこと。11世紀末に白河法皇が創設した。院の直属軍として、主に寺社の強訴を防ぐために動員された。(ウィキペディアより)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速neo - 2012年06月10日 08:03

まとめtyaiました【四国霊場第72番札所「曼荼羅寺」にて(逆打ち その16)】

平成23年10月22日(土) お遍路(四国八十八箇所)の記事を書くのは、随分、久しぶりです。曼荼羅寺のしおり曼荼羅寺境内から山門を望む(お遍路さんの姿がちらほら) さて...

URL :

プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。