スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府宇治市 西国三十三所観音霊場第十番札所『三室戸寺』にて

平成29年3月5日(日)

この日もしばしば京都検定で出題される寺院などを巡る旅をしていました。三室戸寺は過去に訪れてはいましたが、御朱印がまだだったので、立ち寄ることにしました。山の山腹に所在しているため、参道は駐車場から緩い坂道になっており、山門を潜り抜け、枯山水や池泉回遊式庭園などを横目に、最後の階段を登ると、目の前に本堂や阿弥陀堂などが飛び込んできます。と思いきや、階段を上り詰めた先にあったのは『宇賀神』の像でした。

宇賀神
宇賀神

え?いつの間に?てな具合で・・・(^-^; 宇賀神といえばその由来は古代の神に遡るといわれます。頭はお爺さんですが、その身体は穀物をネズミから守る蛇の姿をしているのが特徴らしいです。テレビで見たことがあります。流石にこの古代の神とお寺の関係性については、私共には判然といたしませんでした。なになに?看板に「耳をさわれば福がくる、髭を撫ぜると健康長寿、しっぽをさすれば金運がつく」てなことが書かれています。はたして私がどこを“撫でた”かは秘密です。あはは。

さて、例によって、お寺の説明(自筆)と写真を御覧くださいませ。

三室戸寺説明
三室戸寺説明(※京都観光・文化検定テキストから引用) ← 我ながら本当に文字きたない。

山門
山門

庭園の様子②
枯山水庭園(一部)

梅の花
梅の花

庭園の様子①
池泉回遊式庭園(一部)

“花”が少ない時期なので、モノクロっぽい絵になりましたが、アジサイの時期などに訪れると本当に綺麗ですよ。
本堂
本堂

本堂近景
本堂近景

阿弥陀堂
阿弥陀堂

三重塔
三重塔

伽藍の様子
伽藍の様子

三室戸寺高札
三室戸寺高札

御朱印
御朱印

さて、本日も最後までお付き合いいただきまして、有り難うございました。
スポンサーサイト
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。