スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『国立まんのう公園』のキバナコスモス

平成27年10月4日(日)
 久しぶりに季節感のある写真をお送りします。

 国立まんのう公園は、年間数度無料開放の日があって、その日は駐車場代だけで入れるので、けっこう家族ずれで賑わいます。ちょうどキバナコスモスが見頃ということで、写真愛好家なども訪れていましたね。私は、今年も京都検定試験2級を受験するつもりで、そろそろ準備にかかっているため、なかなかブログの更新もままなりません。でも、たまには気休めにと、家内と連れだってお出掛けした訳です。

 途中、「長田うどん」に立ち寄って、釜揚げ(大)を食し、大満足で目的地に到着しました。あとから考えると、本当は“うどん”が本命だったような気もしましたね。←あほ。

 それでは、コスモスの花をご覧くださいませ。

コスモス①
入場門に近いあたりのコスモスなど

コスモス②
キバナコスモスの中にひっそりと咲く

キバナコスモス①
キバナコスモスは咲狂っていましたね!

コスモス④
普通の?コスモスと交互にどうぞ 可憐ですね

キバナコスモス②


コスモス③


キバナコスモス③
キバナコスモスって、そもそもこんな色なん?毒々しいほどの情熱がほとばしる・・・

 さて、11月には、今年も京都の紅葉を撮影に行きたいなと思っています。てか、去年も行ったけど、写真アップしてないような。^_^; 紅葉は、桜と違って、色弱(色覚異常)の私には致命的に難しいのです。はい。
 
 では、今日も最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

福岡県北九州市『門司港レトロ』の旅(その2)

平成27年8月30日(日)
久しぶりのアップになりました。今回も門司港レトロの旅の続きになります。

関門橋
関門橋(門司港から撮影)

「門司港」は、古くは「馬関海峡」と呼ばれた、大小様々な船が行き交う関門海峡を挟んで「下関」に対峙する港です。この辺りは、源氏平家の壇ノ浦の戦い、宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の決闘、馬関戦争など歴史に名を残す事件が起こった場所としても有名です。その地形や海象が少なからず色々な場面で影響を及ぼしたのかもしれません。日本でも稀にみる蛇行する狭水道で、潮流がすこぶる速く、まさに「海の難所」です。コンテナ船、輸送船、自動車運搬船などの大型船の通行には、水先案内人(パイロット)の乗船が義務付けられていて、数少ない海上保安庁のマーチス(海上交通センター)も設置されています。マーチスは瀬戸内海の備讃瀬戸や来島海峡など、船の往来が多く、地理的・海象的に船の通行が難しい海上衝突事故の多発地帯に設置されていて、通行方法を知らない外国からの大型船などに航路の通行方法の案内や注意喚起をして大事故を未然に防ぐために設置されています。

窓際からの風景
喫茶店の窓を通した景色。画面中央部の灯台がとても良いアジを。遠景は下関の街並み。

門司港桟橋
門司港桟橋

門司は地理的には東アジア(中国や韓国など)と、そして古くは北海道と難波(大阪)を結ぶ北前船交易にとって、海上交通の要衝であり、その恩恵により発展を遂げた港(湊)なのだと思います。したがって、街にはその歴史の証左と思われる多数の建築物が記念碑的に残されているのです。今回、門司港レトロを訪ねた理由は、そのような遺物を自分の眼(とカメラ)で確かめたいとの思いからでした。

また、大好きなイラストレーター「わたせせいぞう」や「林芙美子」の生誕地(下関とも)、バナナのたたき売りの発祥地であるとは、ここに来るまで知りませんでした。そんな小さな発見も旅の楽しみのひとつかもしれませんね。

碑文
碑文

それでは、レトロの街並みや夜景などの写真をご覧くださいませ。

レトロの街並み①
門司港ホテル前の旧大阪商船

レストランシップと遊歩道
レストランシップと波止場の遊歩道

レトロの街並み②

猿と猿回しのおじちゃん
最初に私どもを迎えてくれたのは、猿と猿回しのおじさん。猿がおじさんを眺める目つきが妙に人間的でハットしました。

旧大阪商船
旧大阪商船 「わたせせいぞう」展が開催されていました。

旧門司税関
旧門司税関

空撮②
展望台から

夜景①
夜景

親水公園から
親水公園から臨む船溜まり

旧門司三井倶楽部
旧門司三井倶楽部

空撮①
展望台から

夜景③
夜景

夕暮れ
夕暮れの船溜まり

門司港夜景
門司港と門司方面 ガラスに室内灯が写り込んでいます。門司港駅は工事中で覆われています。

夜景②
船溜まり夜景

「わたせそうぞう」のイラストをご覧になりたい方

今回は生憎の天気でしたが行って良かったと思っています。そして、また訪問したいなとも。
今日も最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。