スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末の京都そぞろ歩き(ほんの“さわり”ですが)

平成26年12月28日(日)から元日(木)
 最近は、二人の娘の生活リズムに合わせて、年末年始を京都市内の末娘のアパートで過ごすことが普通になっています。もちろん、京都大好きな父親のわがままでもある訳ですが。

何か?
「手水屋で水飲んでますが、それが何か?」(右京区「梅宮大社」(2014.12.28)にて)

 さて、「京都三珍鳥居」というものがあると読んでは、「どれ一度見に行くべ。」と西へ東へうろつき、名物のお菓子があると聞きつけると、南へ北へ食べ彷徨う“じいさんとばあさん”です。

三鳥居
右京区太秦の「蚕の社」(2014.12.29)の三鳥居(みつどりい):3方から拝めます。

唐破風鳥居
上京区京都御苑内「厳島神社」(2014.12.29)の唐破風鳥居(からはふとりい):真中が盛り上がっています。

 ところで、年末に「あぶり餅」が食べたいなと、今宮神社に2度(12月28日と31日)通いました。嵐電で「太秦天神川」から乗車、「帷子の辻」で乗り替えて、終点の「北野白梅町」で下車。運賃200円也。ところが、何と門前の2軒のお店は、年末ず~っと閉店でした。一族郎党、皆さんでお休みを取らなくても、交代で営業するというような工夫はできないものでしょうか。とほほ。

 いや、怒っていませんよ。「あぶり餅」の絵がご紹介出来ないだけですから。「はなびら餅」と「長五郎餅」は食べられたし、「阿呆賢(あほかし)さん」がとても重かったことや、六角堂の「へそ石」の写真もようやく撮れ、年始で色々なお店がお休みしているなか営業していた「魁力屋」の美味いラーメンにもありつけたしね(^^;)。

阿呆賢さん
北区「今宮神社」境内の「阿呆賢さん」(2014.12.31)

阿呆賢さん由来
「阿呆賢さん」説明書き

へそ石
中京区「六角堂」の「へそ石」(2014.12.29):京都の中心を表す。

ねぎラーメン
中京区「魁力屋」のねぎラーメン(2015.1.1)

魁力屋


今日も最後までお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

京都のお菓子

平成27年1月17日(土)
 昨年末、私どもは京都市内を猛烈に歩き回っていました。京都検定の3級を受検したことは以前ご紹介しましたが、その合格通知も届かないのに気が早い私は、2級合格を目指し、妻を連れ立って、これまで訪れたことのない京都市内の寺社・仏閣・史跡などを巡りはじめたのです。4日間で30箇所程度巡り、総歩数で約12万歩、歩行距離で約80㎞の強行軍でした(← あはは、お前は馬鹿か?)。

お正月のお花
お正月らしいお花

 それというのも少し運動不足に陥って、人間ドックで糖尿病関係の数値(モグロビンA1C)がひっかかったからです。この数値、糖尿病で通院していらっしゃる方はよくご存じでしょうが、血糖値だけで糖尿病を判断するのは難しいのです。何故なら血糖値は瞬間的なものですから、食後などはある程度上昇します。逆に空腹時は下がっているものなのです。まあ、これが下がらないようではインシュリンの分泌が足りないおそれもあり深刻です。そこで血中のヘモグロビンがぶどう糖とくっつく性質を利用し、その結合割合を調べることによって糖尿病の長期(2ヶ月程度でヘモグロビンは入れ替わる)的な進行度合いがわかるというわけです。この数値が6.0~6.5%を超えてくると、糖尿病ということで治療が必要になるのだそうです。

長五郎餅
長五郎餅:豊臣秀吉が北野天満宮で開催した北野大茶会の際、これを食し大いに絶賛したという。

 この数値は、食事を減らすこと、運動をすることで下げることができます。以前、薬を飲んで治療していたことがありますが、薬を飲んでもその状態を維持できるだけで、劇的に治るということはありません。したがって、糖尿病の悪化を防ぎ、合併症を引き起こさないようにするためには、糖分をしっかり消費するか、摂取を控えるしかないという結論になる訳です。消費とはすなわち運動ですし、控えるとはカロリー制限(1日1600kcalまで)です。ま、たまに美味しいものを食べようと思えば適度に運動も必要なのです。

花びら餅
花びら餅:甘煮にしたごぼうを餅で挟んで半円状にしたもので、栗をつつんだ粒あんも入っています。京都のお正月の伝統菓子。

 話が長くなり恐縮ですが、気に入った写真があまり撮れていないことと、それによりブログの更新がままならないための言い訳のようなものです。

 今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうござます。

あけましておめでとうございます。

平成27年1月1日(木)
 今年もよろしくお願いします。
 元日の昼から2日にかけて、京都は何と61年ぶりの大雪に見舞われました。

雪の城南宮初詣
雪の城南宮 初詣が初雪に!

雪景色
初雪景色が何と61年ぶりの大雪とは!

 私も年末から娘の下宿で過ごしていましたが、初春2日の午前中の晴れ間を見て、一瞬の判断で京都を出発しましたが、お陰様で何とか帰ることができました。京都は2日連続で大雪だったみたいです。お見舞い申し上げます。

20152日の朝日
朝日に映える雪景色の京都

 今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうござます。
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。