スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れ灌頂の夜(香川県高松市)

平成26年5月18日(日)
 毎年、5月18日に春日川の河原では夜市が開かれて、大勢の人々で賑わいます。もともとは「流れ灌頂」という風習・風俗が形を変えて残されているようです。何日か間隔を空けて、川の上流へ向かって夜市は渡っていくのです。

流れ灌頂の夜
橋の上から撮影。春日川の向こうに屋島のシルエットが浮かび上がっています。夜の帳がもうすぐ降りてこようとしています。

「ながれかんじょう」とは、
 水死者や出産で死んだ女性などのために行われる呪術的供養。幡(はた)や塔婆などを川に流して死者を供養する。また,人通りの多い場所に四本の棒を立てて赤い布を張り,道行く人に柄杓(ひしやく)で水をかけてもらう方法もある。(WEBLIO辞書より)
スポンサーサイト

これまでに訪れた寺社仏閣・観光施設など

これまでに訪れた寺社仏閣・観光施設などをご紹介します。

ブログの最新記事へジャンプ →
八坂の塔
京都東山『八坂の塔夕景』(※娘が撮影しました)

※施設名をクリックすると、関係の記事をご覧いただけます。
【京都市】
北区鹿苑寺(金閣寺)、等持院、平野神社上品蓮台寺、大徳寺、上賀茂神社わら天神(敷地神社)建勲神社、今宮神社、源光庵、常照寺、上善寺、神光院、天寧寺、光悦寺、正伝寺
上京区北野天満宮千本釈迦堂(大報恩寺)引接寺(千本閻魔堂)立本寺京都御所、護王神社、晴明神社蘆山寺釘抜地蔵(石像寺)、上御霊神社、厳島神社、下御霊神社、水火天満宮、首途八幡宮、白峯神宮、出世稲荷神社、本法寺、報恩寺、阿弥陀寺、本満寺
中京区錦天満宮、壬生寺、二条城、本能寺、六角堂(頂法寺)、革堂(行願寺)、誠心院、こぬか薬師(薬師院)、京都国際漫画ミュージアム
下京区梅小路蒸気機関車館、西本願寺、東本願寺、五條天神宮
南区東寺
右京区大覚寺清凉寺、常寂光寺、落柿舎、天龍寺、化野念仏寺龍安寺仁和寺、妙心寺、広隆寺太秦映画村神護寺西明寺高山寺、車折神社、梅宮大社、源光寺、鹿王院、宝厳院、時雨殿、野宮神社、法金剛院
左京区南禅寺、南禅院、琵琶湖疎水記念館、平安神宮、金戒光明寺、真如堂、貴船神社鞍馬寺大原三千院、寂光院、下鴨神社、河合神社、慈照寺(銀閣寺)、詩仙堂、熊野神社、大将軍神社、妙満寺、三宅八幡宮、修学院離宮、赤山禅院、曼殊院門跡
伏見区伏見稲荷大社醍醐寺、御香宮神社、寺田屋、キザクラカッパカントリー、月桂冠大倉記念館、城南宮、法界寺(日野薬師)、浄禅寺、安楽寿院
東山区青蓮院門跡、知恩院、高台寺、清水寺、六道珍皇寺、六波羅密寺、建仁寺、両足院、八坂神社、蓮華王院三十三間堂智積院、豊国神社、方広寺東福寺、新熊野神社、養源院、泉涌寺、霊山護国神社、摩利支天尊堂、大谷本廟、粟田神社、今熊野観音寺、芬陀院
山科区勧修寺隨心院、毘沙門堂
西京区松尾大社法輪寺、地蔵寺、善峯寺、十輪寺、大原野神社、西芳寺、月読神社
【京都府】
≪京田辺市≫酬恩庵(一休寺)
≪八幡市≫石清水八幡宮
≪宇治市≫宇治平等院、宇治上神社、源氏物語ミュージアム、三室戸寺、萬福寺、放生院
≪宮津市≫成相寺
【滋賀県】
≪近江八幡市≫八幡堀、日牟禮八幡宮
≪大津市≫比叡山延暦寺、三井寺、石山寺

2014桜だより:京都市本山『立本寺(りゅうほんじ)』編

平成26年3月29日(日)
 降り続ける雪のような桜の花を観たことがありますか。
 この日、私どもが観たものは、まさににそれでした。
 春の気配が漂い大勢の人々で賑わう洛中の平野神社の桜、北野天満宮の梅と立て続けに巡ったあと、その日の昼下がりに、偶然、通りかかったこのお寺で、咲き誇る桜の花に誘われて、ふらふらと惹かれるように、桃源郷に迷い込むように山門をくぐり辿り着いたのでした。

立本寺山門
立本寺三門

参道
参道

刹堂
刹堂

祖師堂
祖師堂

 境内には、桜の木がさほど多くもなく、何と云いましょうか絶妙の数、配置で、この季節のためだけに植えられているような雰囲気があるものの、一見して特別でない普通のお寺の印象でした。陽だまりで思い思いの場所に陣取って絵を描く人々や子供を遊ばす母親、お参りするご夫婦などの姿があり、その邪魔をしないように気を遣いながら木々の間をかいくぐり、桜の花を撮りながら歩みを進めて行く先に、刹堂、祖師堂、やがて本堂らしき小さなお堂がありました。そして、その脇のしだれ桜が、まるで降る雪のような、あるいは流れ落ちる滝のような有様で私どもを圧倒したのでした。
 八坂神社奥の円山公園にあるしだれ桜は完成された美しさが素晴らしいと思いますが、ここのしだれ桜は、そのお堂を覆うように咲き乱れ、何かしら衆生の情念を洗い流すかのような、そして気高いような、そういった雰囲気の美しさを感じたのでした。

本殿
本殿

本殿②

 それでは、しだれ桜をご覧ください。

しだれ桜①

しだれ桜②

しだれ桜③

しだれ桜④

 そして、最後に『にゃんこ先生』初登場。

初登場 にゃんこ先生

 このお寺、ウィキによれば、1400年頃に創建された日蓮宗の寺院のようで、生々流転を繰り返しながら1700年過ぎに現在の地に移転、伽藍が再興されたとのこと。重要文化財を保有し、その伽藍は京都市指定有形文化財に指定されている由緒正しいお寺。やはり、京都のお寺は歴史が違うということでしょうか。

本山立本寺

プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。