スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真旅(世界文化遺産:比叡山延暦寺)その2(西塔にて)

平成24年4月8日(日)
 東塔から西塔へは車でも行けますが、このときはハイキングと洒落てみました。阿弥陀堂の脇から奥へ入って、道標を眺めながら山道をとぼとぼと歩くのです。入場券を確認する関所の前を抜けて、自動車道を越える歩道橋を渡って、坂道や階段を下ったり登ったりして、釈迦堂を目指しました。

道標
西塔への道標

西塔伽藍配置図
西塔伽藍配置図

 歩道橋を渡った先に最初に出くわす伽藍は山王院堂です。少し階段を上ります。

山王院堂
山王院堂

山王院堂高札
山王院堂高札

山王院から戻り、少し歩くと、浄土院に向かう長い下り階段があります。

浄土院に向かう階段
下り階段

浄土院0
浄土院山門

浄土院高札
浄土院高札

浄土院
浄土院

浄土院2
浄土院

 釈迦堂まではまだまだ歩かなければなりません。

道標
釈迦堂への道標

草野天平の碑文
途中にあった草野天平の碑文

にない堂
にない堂

にない堂高札
にない堂高札

法華堂
法華堂(にない堂のひとつ)

法華堂高札
法華堂高札

常行堂
常行堂(これもにない堂のひとつ)

常行堂高札
常行堂高札

釈迦堂
そして、釈迦堂に辿り着きました。どっしりとしたいいお堂でしょう?

釈迦堂脇の仏像
釈迦堂脇の仏像は、とてもきれいなお顔でした。

おやつです
同じ道で駐車場に帰って“おやつ”です。ぜんざい、うま~。西塔(さいとう)はこれでおしまいです。次回は、横川(よかわ)です。
スポンサーサイト

写真旅(世界文化遺産:比叡山延暦寺)その1(東塔にて)

平成24年4月8日(日)
 この日、子供の入学式に合わせて京都入りした私どもは、世界遺産『比叡山延暦寺(東塔)』にいました。
 例によって、写真のみアップします。

比叡山マップ
延暦寺全体図(東塔、西塔、横川の三つのエリアから構成される圧倒的に広大な伽藍です。)

東塔入口
東塔入口(スカイラインの駐車場から入ります。)

東塔伽藍配置図
東塔の伽藍配置図

大講堂
大講堂

鐘楼
鐘楼

根本中堂
根本中堂高札

根本中堂坂道
根本中堂の坂道

根本中堂正面
根本中堂正面

根本中堂入口
根本中堂入口:堂内は撮影禁止でした。

宮沢賢治
宮沢賢治

文殊楼へ向かう階段
文殊楼へ向かう階段:根本中堂入口の反対側にあります。人々の苦行はまだまだ続く。

文殊楼
文殊楼

文殊楼高札
文殊楼高札

谷崎潤一郎
谷崎潤一郎

大黒堂
大黒堂

戒壇院
戒壇院

戒壇院高札
戒壇院高札

阿弥陀堂に至る坂
阿弥陀堂に至る坂

伝教大師2
伝教大師

阿弥陀堂
阿弥陀堂

阿弥陀堂高札2
阿弥陀堂高札

法華総持院東塔
法華総持院東塔

比叡山延暦寺

最初の配置図をご覧いただくと私どもの足跡がわかります。
比叡山延暦寺東塔の伽藍群でした。次回は西塔の伽藍群をご紹介します。

写真旅(醍醐寺にて)

平成24年7月21日(土)
 夏に訪れた世界遺産『醍醐寺』です。今回も下手な説明は抜きにして写真をご覧ください。(←手抜きとも云う)風のつたう立派なお庭は撮影禁止でした。私の頭の中には今も残影があります。BGMはお気に入りの曲をご自分でお願いします。

木漏れ日の道2
木漏れ日の道1

木漏れ日の道3
木漏れ日の道2

西大門
西大門

木漏れ日の道1
木漏れ日の道3

金堂
金堂

五重塔
五重塔

不動明王
不動明王(良いお顔していますね。こころを見透かされるような威厳を感じます。)

弁天堂
弁天堂

 ほんの数か月しかたっていないのに、もう随分前のことのような気がします。感動も褪せていくものなのでしょうか。移ろいゆく世界に住んでいるのですよね。私どもは・・・。『・・・沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。たけき者もつひには滅びぬ。ひとへに風の前の塵に同じ。』これこそ私のブログのテーマでしたね。

写真旅

平成24年11月3日(土)
 今日は、四国のあちこちで撮った写真の一部をご紹介させてくださいな。題して『写真旅』(文を書くのが億劫になっただけじゃん(^_^;) ← 聞こえないふり) 乗り物に乗った気分で・・。

 まずは、私が住んでいる香川県高松市にて

薔薇と帆船海王丸
帆船『海王丸』をバックに返り咲きの薔薇を撮りました。撮影地はサンポート高松港です。

栗林公園菊月亭
天下の名勝『栗林公園の菊月亭』です。建物より枝振りがおもしろかったので・・。

コトデン春日川駅
コトデン春日川駅と電車

朝日射す栗林公園
朝日が射しこむ栗林公園『西湖』

芙蓉花
芙蓉花と線路

花と飛行機
マリーゴールドのお花(高松空港にて)

瀬戸内海
トロッコ列車の車窓から眺める瀬戸内海

 次は、愛媛県松山市にて

道後温泉駅
伊予鉄道の道後温泉駅 この瞬間だけ雲間から青空が。路面が濡れているでしょう。

伊予鉄道坊ちゃん列車
坊ちゃん列車 そして背後に見えるのは路面電車

 如何でしょう。旅した気分になれましたか?
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。