スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大歩危峡と祖谷蕎麦

平成24年6月24日(日)
 家内と二人っきりの日曜日。徳島県の吉野川沿いで、国道32号線の高松と高知の丁度真ん中あたりにいました。祖谷のやまかけ蕎麦が食べたくなって、車を飛ばしてやってきたのです。国道沿いの“WEST&WEST”という駐車場で車を降りると、こんもりした林の中にそのお店はあります。昔、出張の際に地元の方にご紹介していただきました。

林の中
駐車場から

林の中の枯山水風の小庭を、水車小屋なども右手に流しながら、抜けていくと、茅葺き(外はトタン拭き)の古民家を移築したものと思われるその家屋は、なかなかに落ち着きのある風情で佇んでいます。

momiji.jpg
もみじ亭

中に入ると天井板のない屋根裏の柱がむき出しで、トタンの内側は囲炉裏の炭でくすんだような萱で葺いてあります。和紙で包んだ大きなボンボリのような照明がぶら下がっていて和を醸し出しています。

屋内
店内

窓からは濃い緑色の水を湛えた大歩危峡(吉野川)を望むことができます。この日は台風あけで、水量が増えていました。谷にへばり付くようにJR土讃線が走っています。1両しかないローカル列車がごとごと軋みながら、山が険しいこの辺りはトンネルが多くて、緑の中を見え隠れしながら、通過して行きます。峡谷を縫うように走る土讃線は、ところどころ鉄橋で谷を渡ることになります。シーズンには列車もゆっくりと速度を落として、桜花や紅葉を鑑賞させてくれるという粋なはからいも楽しみです。

大歩危峡と土讃線
大歩危峡と土讃線

鉄橋
峡谷を渡る鉄橋

さて、今日は定食にしました。どうです。美味しそうですか?たったこれだけのために車を1時間半も転がすのは贅沢でしょうか。そんなことはない。サーフボードで川を下っている人たちは、もっと贅沢かもしれませんよ。

やまかけ天ぷら
やまかけ天ぷら定食

sa-fa-.jpg
川下りサーファー
スポンサーサイト

四国霊場第72番札所「曼荼羅寺」にて(逆打ち その16)

平成23年10月22日(土)
 お遍路(四国八十八箇所)の記事を書くのは、随分、久しぶりです。

IMG_3114.jpg
曼荼羅寺のしおり

曼荼羅寺境内から山門を望む
曼荼羅寺境内から山門を望む(お遍路さんの姿がちらほら)

 さて、何でもない言葉が人の人生を大きく変えてしまうことがあります。北面武士で歌人であった佐藤義清(のりきよ)は、白河院の愛妾にして鳥羽院の中宮であった待賢門院璋子との道ならぬ恋に悩んだ末、出家してしまいます。たった一夜の逢瀬で「あこぎ」と云われたことがきっかけと語り継がれているようです。「あこぎ」の原義は「図々しい」とか「あつかましい」というほどの意味のようですが、恋い焦がれる女院からの一言は義清の心を壊してしまったのかもしれません。出家した義清は「西行」と号し、後に因縁浅からぬ崇徳上皇(璋子の子)を偲んで四国に渡ってきます。仁安3年(1168年)のことと云われています。

手水屋と本堂
手水屋と本堂

鐘楼
鐘楼

大師堂
大師堂

 その西行は現在の善通寺市辺りにしばらく庵を結び滞在したと云われていて、「曼荼羅寺」の本堂前には、「西行の昼寝石」といい伝えられる石が残されているそうです。実は筆者はそんなこととはつゆ知らず、スルーしてしまって確証を得ていません。写真に石らしきものが写っていますので掲載します。またいつか機会があったら確認して報告しますよ。

本堂
本堂(手前人物の向こう側にさりげなく、寝っころがるにはよさそうな「石」が見えます)

※北面武士(ほくめんのぶし)とは、院御所の北面(北側の部屋)の下に詰め、上皇の身辺を警衛、あるいは御幸に供奉した武士のこと。11世紀末に白河法皇が創設した。院の直属軍として、主に寺社の強訴を防ぐために動員された。(ウィキペディアより)

簡素に生きることが、一番の贅沢

平成24年6月6日(水)
 建仁寺のHPに以下の一文を見つけました。臨済宗建仁寺派の管長「小堀泰巌」さんの『簡素に生きることが、一番の贅沢』という法話です。

 『最小限、最低限のもので生活していくというのが私たちのやり方ですね。
贅沢というものは煩悩、妄想であって、それを外すというのが私たちの大きな目標です。眠るのも最低限。寝る場所も畳一畳。寝て一畳、起きて半畳といいますから。
修行道場の禅堂では、みなの生活するところは本当に畳一枚が自分の場所として与えられ、就寝も食事も座禅もそこで行います。持ち物は体にくっつけられるものだけ。余分なものは持たない。それでじゅうぶん、生活できるんです。我慢しているわけではない。不自由ではないんですね。

 簡素に生きる。これがいちばんの贅沢だと思います。なかなかできないかもしれませんが、やってみると一番の贅沢だということがわかると思います。満足の上限をおさえれば、心穏やかでいられます。
  寒い時に寒くなる。当り前のことです。でも、暖房を入れたら、少しでは満足できない。暑い時にも中途半端な涼しさでは満足できない。いっそのこと暑いときには暑い生活をしてしまえばいいんです。庭に水をうつ。
それで涼が得られたんですからね。』

美濃田の淵
東みよし町「美濃田の淵」にて

 如何でしょう。人によってそれぞれ感じ方は異なると思いますし、心の状態によってもそうだと思います。否、むしろ、心が弱っているとき時のほうが、よりしっくりとくる気がします。できれば、このような心持でいつづければと・・・。
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。