スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府京都市右京区「妙心寺」にて(その2)

平成23年11月12日(土)
妙心寺の境内を歩いたこの日の経路は、下の鳥瞰図にトレースしてあります。
北総門~大法院~大庫裡~法堂~仏殿~三門~南総門

経路(矢印入り)
妙心寺探訪ルート

妙心寺塔頭の一つ「大法院」では秋の特別公開で、その路地庭を眺めながら抹茶を一服。そこで撮った写真の何枚かを掲載します。妙心寺に訪れた数日後、たまたま観たTVの紅葉特集で路地庭が放映されていたので、正月を挟んでのアップにしました。

2011_11_12竜安寺・妙心寺2
大法院路地庭
路地庭解説
路地庭解説

大法院には、蘭学者「佐久間象山」の墓があると説明書きにありました。そういえば、「織田信長」公の墓所もここ妙心寺あるそうですが、公開されていないとHPに書いてありましたね。幾つかの歴史が交錯する舞台だったのでしょうか。

妙心寺の醍醐味は、南総門から入ると眼前に飛び込んでくる、その壮麗な三門、仏殿、法堂(はっとう)、大方丈、大庫裡と連なる大伽藍かもしれしれません。北総門から入って最初に目に入る塔頭群と、この大伽藍とのコントラストに驚きます。

法堂
法堂
妙心寺伽藍
妙心寺伽藍(手前から法堂、仏殿、三門)
仏殿
仏殿

伽藍と比較して人々の小さいこと。でも、くぐってなんぼの三門は、荒れるのを避けるためか、柵で囲われていました。

山門
三門
妙心寺南総門
南総門
妙心寺高札
妙心寺高札

また、遅めの訪問だったので大方丈や仏殿などは残念ながら拝観できませんでした。またいつの日にか座禅でも組んで、無我の境地を究めん。
スポンサーサイト
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。