スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車で駆けめぐった京都2011(その6:仁和寺にて)

平成23年5月14日(土)
 長く旅をしていると、良いことに巡り会うことがあります。例えば、香住の「大乗寺」を訪れたときは、十数年に一度の円山応挙作の襖絵ご開帳に巡り合わせました。それも何の予断もなくでした。そして、今回の京都旅行でもそんなささやかな幸運に巡り会いました。
広沢池
広沢池

 大覚寺を出発した私たち夫婦は、広沢池(別に普通じゃん。特に感慨もなし。)を左に観ながら、そして急坂を登り下りして次の目的地である『仁和寺』に到着しました。このお寺の名前は、「徒然草」で取り上げられていてとても有名ですね。実は、私たちが訪れた際、仁和寺御殿では生け花展の準備中で無料開放されていたのです。2人分で、たかが千円。されど・・・ジーン(感動)。

 仁和寺のHPによると、『皇族や貴族とのゆかりが深かったため「仁和寺御殿」といわれる御所風建築物が特長です。』との記述があります。確かに、勅使門があったり、白書院、黒書院があって、宸殿前にはお約束どおり右近の橘・左近の桜があって、白砂の庭園があるなど、嵯峨離宮「大覚寺」に酷似しています。
仁王門
仁王門
中門から仁王門を望む
中門から仁王門を望む(修学旅行生の後からパチリ)
金堂
金堂
アラカルト
アラカルト

 仁和寺は、応仁の乱で大半が消失し、徳川家光の治世に再興されたそうです。立派な仁王門、五重の塔、そして中門を経て金堂、経蔵、観音堂などの質素でありながら、壮大な伽藍が建ち並び、さすがの世界遺産でありました。次回は、名勝『御室桜』(おむろざくら)の開花期に訪れたいものです。

勅使門
勅使門
観音堂
観音堂

世界遺産「仁和寺」
スポンサーサイト

自転車で駆けめぐった京都2011(その5:大覚寺にて)

平成23年5月14日(土)
 平安京に遷都した桓武天皇の子、嵯峨天皇は中国湖南省にある「洞庭湖」にみたてた名勝「大沢池」の畔、嵯峨離宮(後の『大覚寺』)で何を夢見たのでしょう。遙か西方、唐の都(長安)の夜空に浮かぶ月への憧憬でしょうか。そんなロマンティストの天皇に由来する京都府『嵯峨野』を旅するのが長年の夢でした。

史跡
史跡「大覚寺御所」址
大覚寺山門
大覚寺山門
大沢池由来
大沢池由来
大沢池
大沢池

 もっとも私のは、もう少しミーハーな理由で、一度大覚寺を観たいと思っていました。そう、それは大覚寺では時代劇の撮影がしばしば行われるという理由からでした。後で調べると、大覚寺境内にある「明智門」とか「明智陣屋」と呼ばれる建物で、ご存じ必殺シリーズや大岡越前などが撮影されたとのことです。

 例によって、その事実を知ったのは旅から帰って、ブログを書くために、下調べ、もとい“後調べ”を始めてからでした。旅の楽しみ、その醍醐味は、予習と復習にありますが、今回は、突然思い立っての『葵祭』でしたから、予習にはあまり時間を掛けられずに、とてもいい加減でした。生来、行き当たりばったりで無計画な性格のため、予めネットで観光情報等を検索して全てを調べ上げてから旅に臨むなんてことは、私にとっては全くの不可能事です。(開き直ってどうする。)

 という訳で、明智門も明智陣屋もスルー。でもね菊の御紋があしらわれた唐門(唐破風のある門)様式の「勅使門」、気品があって華麗かつ優美な、そして、まるで紫宸殿が如く、右近の橘、左近の桜が配置されていて、天皇家に纏わる離宮の高貴さも漂う、真白な砂利を敷き詰めたモノトーンの庭園の造形美に感動しました。

大覚寺庭園
庭園(勅使門、宸殿、五大堂)
五大堂由来
五大堂由来

 また、一方で本殿(五大堂)や宸殿の北側の渡り廊下から眺める緑豊かな瑞々しいお庭の美しさにも、心が洗われるようで、目を見張ります。

大覚寺お庭
大覚寺お庭

旧嵯峨御所『大覚寺』門跡

京都3大祭り『葵祭』(京都御苑にて つづき)

平成23年5月15日(日)
 そう云えば、『葵祭』の続きを書かねばと思い立って、最初に思い悩んだのがほんの数枚の写真では全く臨場感が湧かないのかなあということでした。試行錯誤の結果、辿り着いたひとつの結論が以下の写真です。

葵祭1
凛々しい皇宮警察隊の先導で始まる葵祭
葵祭2
雅ですな~

 正直、余り写真を撮れるような環境ではなかったので、私自身の撮ったものは少ないです。というのも、先に書いたように、パイプイスを並べただけの桟敷では、2列目の席ではありましたが、最前列の観客の頭でほとんど見えませんでした。しかも日差しが強くなったためにひさしの大きな帽子を被った女性の後は最悪でした。確かに頭が入った写真もそれなりに臨場感なのかもしれませんが。これは本当にがっかりでした。私の家内は、曰く『後列の図々しい連中』と乱闘しながら、貴重な数枚をゲットしていました。それが、これらの写真です。

葵祭3
カラフル
葵祭4
上流の方々?

 まあ、結論を云ってしまうと、次回というものがあるなら、桟敷は止めてピクニックシートで最前列にデーンと陣取る『ディズニー・パレード見物スタイル』がベストだなあと思いました。
ワンダフル・ディズニーシー
ワンダフル・ディズニーシーヽ(´ー`)ノ

自転車で駆け巡った京都2011(その4:化野念仏寺にて)

平成23年5月14日(土)
 清涼寺を後にした私は、大覚寺までのルートを検索していたのですが、ふと地図の中に気になるものを発見しました。『化野念仏寺』。

『あだし野の露消ゆるときなく、鳥部山の煙立ち去らでのみ、住み果つるならひならば、いかにもののあはれもなからん。世は定めなきこそ、いみじけれ。・・・』(徒然草)

 あだしの。その旅愁そそる心地よい響きに導かれるように、そちらに向いて自転車を走らせることに。この付近一帯は嵯峨野のメインストリートなのでしょう。幾分か狭めの道で、遊歩道のように整備されているのですが、表面はでこぼこした石畳で、かつ、化野念仏寺に向かって緩やかな坂道になっていて、自転車で走るには少々不向きな印象でした。(もちろん私は平気でしたがね。オホン。)道のあちらこちらに、旅人を誘う雰囲気のある商家が並んでいました。

 そうこうしているうちに、目的地の高札を発見した私は、参道の坂道を境内まで登って行きました。順路に沿って木漏れ日差す紅葉の林間を足下の苔庭を眺めながら歩いて行くと、仏舎利塔や異形の鳥居(トラナ)を脇目に観ながら木立を抜けた辺りで、周囲から区画されたおびただしい石仏・石塔群が目に飛び込んできました。

化野念仏寺高札
化野念仏寺高札
化野念仏寺
山門?
庭園
庭園
異形の鳥居
異形の鳥居
本堂
本堂
寺務所
寺務所

 ウィキによれば、『化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)は、京都市右京区の嵯峨野にある浄土宗の寺。山号は華西山。化野は東山の鳥辺野(とりべの)、洛北の蓮台野と並ぶ平安時代以来の墓地であり、風葬の地として知られる。』とあります。
石仏群
石仏群

 また、『伝承によれば弘仁2年(811年)、空海が五智山如来寺を建立し、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したのに始まるとされ、後に法然が念仏道場を開き、念仏寺となったという。(・・中略・・)境内の約8000体という夥しい数の石仏・石塔は、明治36年(1903年)頃に、化野に散在していた多くの無縁仏を掘り出して集めたものである。』とも。
石仏群1
石仏群Ⅱ

 いろいろ調べてみると、例えば、桓武天皇(在位 781-806)の時代、京都は疫病が大流行したそうです。となれば、化野にも相当数の死者が葬られたのではないでしょうか。先ほどのウィキの空海に関する記述に合致するような気がします。
竹林
竹林
六面六体地蔵
六面六体地蔵

 後醍醐天皇の治世(元弘元年:1331年)でも疫病が大流行したそうです。このとき念仏を『百万遍』唱えて疫病を祓ったという故事が由来の交差点もあるそうです。(翌日の午後に訪れることになる八坂神社も疫病退散のために造営されたと聞きました。)
 また、京都は度重なる戦乱や大火でも多くの死者が出たことでしょう。化野、鳥辺野(鳥部山?)、蓮台野は、そういった人々の終焉の地だったのかもしれませんね。
境内(出口へ)
出口へ

 『化野念仏寺』をあたかも心霊スポットのように紹介しているHPも見受けますが、私は単純に名も無き御霊に手を合わすということのみです。南無阿弥陀仏。(つづく)
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。