スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県近江八幡市にて(その4)

平成26年7月18日(金)
 近江八幡市は、八幡堀の写真を追加で公開します。

八幡1

八幡2
こういう路地にも雰囲気があります

八幡3

八幡4
百日紅(さるすべり)の花と町並み

八幡5

八幡6

八幡7
日差しがきつかったので、船頭さんも傘をさしています。

八幡8
最後はやっぱり“にゃんこせんせい”
スポンサーサイト

滋賀県近江八幡市にて(その3)

平成26年7月18日(金)
 近江八幡は、伝統的な日本建築が保存されている地域、いわゆる「重伝建」が魅力的と申しましたが、これとは異彩を放つ建物群が保存されています。それが、ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した建物群です。と云っても、全く今風の建築物ではありません。どこか懐かしいと感じさせるものなのです。

 それでは、幾つか写真でご紹介します。

池田町ヴォーリズ建築群高札
池田町高札

池田町

池田町2

ウォーターハウス邸写真
ウォーターハウス邸

ウォーターハウス邸
「NPO法人 ヴォーリズ建築保存再生運動一粒の会」発行のパンフ(@200円)から転載

旧八幡郵便局写真
旧八幡郵便局

旧八幡郵便局
「NPO法人 ヴォーリズ建築保存再生運動一粒の会」発行のパンフから転載

ヴォーリズ記念館写真

ヴォーリズ記念館
「NPO法人 ヴォーリズ建築保存再生運動一粒の会」発行のパンフから転載

滋賀県近江八幡市にて(その2)

平成26年7月18日(金)
 一昨日(9月13日)の土曜日、実は『るろうに剣心:伝説の最期編』を観てきました。緋村剣心に涙がこぼれるほどしびれてきました。瀬田宗次郎との抜刀術の打ち合いのかっこいいこと。私は子供の頃からチャンバラ好きで、古くは市川雷蔵の『眠狂四郎』シリーズ、黒沢監督の『用心棒』などが特に好きでした。好きが高じて剣道を志したこともありました。その私がハマったのがこのシリーズ。伝説の最期編でも、やはり近江八幡市の八幡堀でろかい船に乗る剣心が撮影されていました。ロケ地巡りの醍醐味はまさに“contemporary”です。

 さて、近江八幡の写真をいくつかアップします。やはり八幡掘が雰囲気があって良いです。

高札
八幡堀高札

八幡堀
八幡堀

八幡堀②


八幡堀③


八幡堀④
にゃんこ先生

滋賀県近江八幡市にて(その1)

平成26年7月18日(金)
 近江八幡は、夏の始めにテレビで、西の湖の水郷と屋形船(の船頭さん)を紹介する旅番組を観てから、一度行きたいと思っていました。娘が今春から近江八幡市で働いているので、夏休みを利用して会いに行き、そのついでに観光してきました。まあ、娘に云わせると“どちらがついでかわからない”そうです。

八幡堀
八幡堀(お気に入りの写真です)

 近江八幡には、二つの顔があります。一つは豊臣秀次の時代に築城、城下町として栄え、近江商人発祥の地として有名で、しばしば時代劇のロケに使用される重要伝統的建造物群保存地区(商家町)や八幡堀が有名な町としての顔。ロケと云えば、古くは「水戸黄門」や、いま話題の「るろうに剣心」もここで一部が撮影されたようです。

近江八幡市

日牟礼神社

 そしてもう一つは、メンタームでも名高い建築家「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」の町としての顔です。彼が設計した建物が現在でも数多く保存されています。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

 という訳で、何回かに分けて写真をいくつかご披露させていただきます。
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。