スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都市 高雄山「神護寺」にて

平成25年9月14日(土)
 西明寺から下山して、周山街道(国道162号線)を清滝川に沿って徒歩で南下しました。この付近には旅館があったりします。清滝川に架かる高雄橋を渡ると神護寺の楼門までは長い坂道となっています。

高雄山神護寺参道入口
高雄山「神護寺」参道入口

神護寺伽藍図
神護寺伽藍図

神護寺楼門までの石段
神護寺楼門までの石段

汗を拭き拭き石段を上り詰めるとどっしりとした楼門がありました。

神護寺楼門
神護寺楼門

楼門(境内から)
境内から見た楼門

楼門をくぐると平らに整地された広場になっています。直ぐ右手に和気(清麻呂)公霊廟、鐘楼、明王堂が並んでいます。
和気公霊廟と鐘楼
和気(清麻呂)公霊廟と鐘楼

明王堂
明王堂

五大堂
五大堂(背後に見えるのは金堂)

毘沙門堂
毘沙門堂

大師堂
大師堂

金堂は一段高いところにあります。

金堂
金堂

 神護寺は想像以上に立派な伽藍でした。ご覧のように紅葉が沢山植えてあるのでもっと深い秋にはさぞや綺麗だろうなと思いました。また、機会があれば訪れたいと思います。

神護寺
スポンサーサイト

高雄 槙尾山『西明寺』にて

平成25年9月14日(土)
 西明寺は、高山寺の表参道を下って、国道沿いに歩くと、川に架かっている朱塗りの欄干の橋を渡った対岸の鋭角に曲った石段を上り詰めたところにあります。西明寺にかかわらずこの辺りは紅葉の名所らしく、そう云えば昔、高雄という名前のカラーテレビのコマーシャルでこの付近の深紅の紅葉が紹介されていたことを思い出します。今やモノクロテレビなんてありませんが、その頃はまだまだカラーテレビは非常に高価な時代でした。高雄への憧れは何とこの時から始まっていたのだと、今更ながらに驚きます。

清滝川に架かる朱塗りの橋

川岸の石段①

川岸の石段②

川岸の石段③

 地形的には、清滝川を挟んだ谷間の山腹に、北から高山寺、西明寺、神護寺と並んでいる格好です。そして、神護寺の参道の坂道が中では一番厳しいものになっています。

西明寺高札
西明寺高札

山門
山門

境内

境内②

境内③

境内④

境内⑤

境内⑥

境内⑦

境内⑧

 紅葉にはまだ早すぎる晩夏の訪れでしたが、辺りのもみじの木々を眺めると、晩秋の紅葉の美しさが目に浮かぶような気がしました。秋の観光シーズンに備えて、明らかにタクシー会社の社員と思しき人達が研修のためなのか、まとまってタクシーに分乗してやってきて、辺りを指さしながら観光案内のシミュレーションでもしているのか、互いに話し合っていました。私どもも特に何かを拝観するでもなく、境内の写真を幾枚か撮影させていただいて、早々にそこを立ち去りました。

高雄保勝会

京都市右京区栂ノ尾 世界文化遺産『高山寺』にて

 いやはや、久しぶりの更新になってしまいました。^_^;
 更新しなかった間も覗きに来てくれた皆様ありがとうございました。
 今後ともよろしくお願いします。また、少しずつ記事を書いてまいります。

平成25年9月14日(土)
 まだまだ暑さが残る長い一日の始めに、私どもはデュークエイセスの「女ひとり」で有名な『栂ノ尾高山寺』にいました。ずっと“こうざんじ”かと思っていましたが、下のリンクでもわかるように“こうさんじ”なんですね。

高山寺

 この日の朝、午前10時過ぎに太秦天神川沿いのバス停から京都市バスに乗り込み出発して紅葉の高雄に向かいました。結果的には途中で西日本JRバスに乗り継ぎ、世界文化遺産『高山寺』の麓の駐車場に到着したのでした。

高山寺前道路
高山寺の参道前の道路(左手はバスの停留所と駐車場)

高山寺登り口
高山寺参道と看板

 この日は、この看板にあるように、高山寺 → 西明寺 → 神護寺の順番で高雄のお寺を巡りました。

高山寺高札群
裏参道の高札

高山寺高札
高山寺高札

 この日は、バス停から近い裏参道側から訪問しました。

裏参道
裏参道

参道石垣①
参道の石垣

参道石垣②
参道の石垣

 さて、裏参道を道路から一気に50mほども登ったでしょうか。
 さほど大きくない門前に立って記念撮影を。

高山寺石水院山門
高山寺石水院山門

拝観受付所
拝観受付所

 高山寺は、華麗とか、豪壮とかいうイメージではなく、どちらかと云えば、ひなびたとか、質素なとか、水墨画のようなとかいう言葉が似合う書院造のお寺でした。

石水院①
石水院①

石水院②
石水院②

石水院内庭
石水院中庭

石水院縁側
石水院縁側

石水院からの景色
縁側からの景色 ※右手の行儀の悪い足はご愛嬌^_^;

 この石水院には、教科書でお馴染みの鳥羽僧正『鳥獣戯画』が展示してありました。

 そして境内はまさに杉林の中で、そちこちに伽藍が散らばっていました。雰囲気を感じてもらうために広角レンズで撮影しました。

開山堂
開山堂

金堂
金堂
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。