スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅の花とひな人形in栗林公園(香川県高松市)

平成27年2月21日(土)
 最低でも10日に一度、2月三度目の更新は最終日になってしまいましたが、『栗林公園の梅の花と菊月亭のひな人形』です。久しぶりの“旬”の情報かもしれませんね。確か昨年も同じ頃に訪問したような気がします。陽射しが少し暖かくなると啓蟄とばかりに、「こたつ虫」も這いだしてくるのです^_^;

 本当は、京都上京区馬喰町は北野天満宮の『梅花祭』を観に行きたかったのですが、家族の日程がうまく合いません。今年は、昨年の暮れあたりから、新年こそは東寺の『初弘法』や北野天満宮の『初天神』の市が立つ日に訪問して、賑わう境内の写真などを撮りたいなぁ・・などと希望していました。ま、そんなに京都ばかりでは飽きてきますがね。

 それはともかく、栗林公園の梅の花とひな人形の写真をご覧くださいませ。

梅林1

梅林2

ひな1

ひな2

菊月亭1
菊月亭

梅林3

ひな3

菊月亭2
菊月亭

梅林4

ひな4

梅林5

ひな5

梅林6

 この日、梅林には大勢の見物客が、立派な一眼カメラやスマホ(これが実に多い)を持参して、思い思いのアングルで、思い思いの被写体に向けてシャッターを切っていました。この風景はいつの時代も同じですね。スマホの方は、寸刻を置かずにSNSにアップするのでしょうか。ブログの更新に苦心する者にとっては、便利というのかなんというのか、いつも複雑な気持ちになります。即製で撮影した写真に、何か事件の鍵が写り込んでいるなんてのは、ありふれたドラマに有りがちな展開でしょうか。そういえば、ふと、訪れた寺院の芳名帳に、外交官だった亡叔父の筆跡を見つけるというストーリーで展開していく推理小説(「球形の荒野」松本清張)に心躍らせた若い頃を思い出しますね。


 さて、最後は、平成26年3月29日(土)に北野天満宮で撮影した梅の花です。

北野梅1
北野天満宮の梅

北野梅2

北野梅3

 如何でしょうか。やっぱり背景に歴史を感じますよね。結局は京都の話になってしまいました。あはは。
北野天満宮公式ホームページ

 今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうござます。
スポンサーサイト

2014初冬の『栗林公園』(香川県高松市)にて

平成26年11月8日(土)
 この日、栗林公園の年間入場パスをあまり今年は有効に使えていないことにふと気が付いて、久しぶりにお出掛けしました。
 この公園は『松』がメインというイメージが、私の中では強いので、それならば、ちょこっと紅葉など探してみるべということになったのです。お茶席など主にイベント事で使用される「菊月亭」では、結婚式披露宴が雅楽の調べにのせて、厳かに挙行されていましたよ。なかでも式が始まるまでの時間に、雅楽師がポップな曲を練習していたのがとても微笑ましく、観光客の笑いを誘っていましたよ。

 それでは、写真をご覧くださいませ。

菊月亭
菊月亭

巨木
巨木

可憐
可憐

萩と紅葉
萩と紅葉

枯葉3
枯葉

巨木2
巨木と橋

果実
赤い果実

すすき
陽光に輝くすすき

枯葉2
枯葉

今日も最後までお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます。

早春賦(栗林公園にて)

平成26年3月2日(日)
 少し暖かくなったこの日、私どもは栗林公園で春を探していました。

庭園②
緑の苔がとても美しい

梅②
梅の花も一色では寂しいのですが、二色あれば春めきますね

庭園⑥

春は名のみの風の寒さや
谷のうぐいす歌は思えど
時にあらずと声もたてず
時にあらずと声もたてず

水辺の花

庭園①

氷融け去り葦はつのぐむ
さては時ぞと思うあやにく
今日も昨日も雪の空
今日も昨日も雪の空

ひな人形②

梅①

生け花

春と聞かねば知らでありしを
聞けばせかるる胸の思いを
いかにせよとこの頃か
いかにせよとこの頃

梅③

ひな人形①

山茶花

庭園③

庭園④
神の采配(絶妙の配置)とはこのような景色を云うのでしょうか

庭園⑤
御仕舞は定番の飛来峰からの景色です

『栗林公園』夜八景

平成25年11月30日
 拙いブログにお越しいただいた皆様、こんばんはー。

 今日から師走ですね。とうとう11月は1度も更新できずに過ぎてしまいました。あちこちうろついていましたし、写真も撮ってはいたのですが、あまりインパクトのない写真ばかりで。

 11月の最終日は例によって栗林公園に出掛けました。紅葉ライトアップ。大勢のカメラ小僧(大人ですが)やカメラ女子(?)が出張っていました。私といえば、最近、肩こりがひどいので、一眼には留守番してもらって携帯で撮ってみました。

夜の飛来峰
夜の飛来峰からの眺め。手漕ぎの遊覧船も。一坪ほどの場所にカメラが群がって順番待ちです。三脚などはとても持ち込めませんね。

 園内に入って最初にしたことといえば、屋台のうどんを食べて、肉まん食べて、ビール飲んで・・・。本当はぜんざいも食べたかったなあ。

夜景1
屋台でくつろぐ(本当は何が目的やらわからない!)

八景ということで、末広がりの8枚の写真をご紹介します。夜間と云うことで“ブレ”と“ボケ”はご容赦願います。あはは。!(^^)!

夜紅葉
夜紅葉です

夜景4
湖面に映る紅葉群

夜景2
お茶席、けっこう人が入っていましたね。

菊月亭
これも菊月亭と呼ばれるお茶席です。

夜景3
菊月亭前の夜景

夜紅葉2
結構ぶれてますな(>_<)

平成25年9月28日(土)
 今年も半年が過ぎ、最近は朝夕、めっきりと肌寒くなってきました。川面を渡る虫の音も、とっくに“すずむし”メインとなっています。

フランケンウィニー
フランケンウィニー

 自宅のバラも今年の夏の暑さが厳しかったので、衰弱していますが、いまだに花を咲かせてくれます。最近購入したクローズアップレンズ(No.5)で撮りました。風が強く花が揺れてシャッターがなかなか落ちません。

我が家のバラ①

我が家のバラ②

我が家のバラ③

 思い立って栗林公園にお出掛けしましたが、今は花がありません。萩、芙蓉、睡蓮などを写しましたのでご覧ください。ボランティアガイドさんの説明を後ろの方で伺いながら、空の雲に公園の秋の気配を感じていました。

芙蓉①
芙蓉

芙蓉②
芙蓉

萩①
萩と睡蓮

萩と睡蓮②
萩と睡蓮

睡蓮①
睡蓮

睡蓮②
睡蓮

 そういえば、観月の茶会の記事もまだ書けていません。
NEXT≫
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。