スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まほろばの吉備路(その5)

平成23年8月20日(日)
 備中国分寺を出て、備前一宮駅方面に向けて歩き出した頃には、雨脚も少し強めになってきて、「こうもり塚古墳」、「国分寺尼寺跡」、「旧山手村役場跡」、「造山古墳」などの見どころはスルー。幹線道路に沿って丘を越え、川を越え、「天気予報は確認しょうよ!」と自分に言い聞かせながら、適当な食事場所を探しましたが見当たらず、仕方なく途中のセブンイレブンで購入した堅揚げのポテチをパリパリほおばりながら、パンパンに張ったふくらはぎをひきずって、ようやく「吉備津神社」に辿り着きました。16時27分。総社駅に着いたのが12時46分でしたから、もうかれこれ4時間近くもウロチョロしている計算に。(デジカメの効用は、撮影日時が記録されていること。あとから記事を書くときにメモを残す必要がないので楽です。また、ある程度の解像度(画素数)があれば高札などもメモしなくてもそのまま撮影しておけば、後から内容をチェックできますし、時間が節約できますね。)

 「吉備津神社」は、「吉備津彦命」をご祭神として祀っています。吉備津彦命は吉備国の開拓祖神にして、桃太郎伝説のモデルとなった英雄であるといろんなものに書いてありました。

 伝説によると、「温羅」(うら)は、百済の王子にして、「鬼ノ城」(実在する朝鮮式山城)をねじろにして悪業(略奪・かどわかし)の限りを尽くしたとされ、ウィキによると『記紀神話』では、ヤマト政権(崇神天皇)の命を受けて、賊徒討伐(山陽道平定)に乗り出したのが吉備津彦命(後に「四道将軍」の一人と称される。)と書かれているようです。そして伝説では、激闘の末にこれを屈服させたとあります。

 伝説は兎も角、吉備津神社は、小高い山の斜面に位置していました。街道から松並木の参道に入り、広い駐車場のつきあたりにある車道を挟んで位置する手水舎の脇から、そんなに多くもない石段を登り、山門をくぐって参拝します。本殿は「吉備津造り(比翼入母屋造)」という特殊な建築法で建てられていて、なかなか荘重・荘厳な雰囲気でしたね。

吉備津神社参道
吉備津神社参道
吉備津神社手水舎
手水舎
吉備津神社参道石段入口
参道石段
急こう配の石段
急こう配の石段
ご本殿
本殿参拝所
ご本殿外観
本殿外観

 ところで、私は吉備津神社に参拝する前から、石段下に駐車している1台のタクシーに目を付けていました。何故なら、石段を登りながら、疲れ果ててもう歩けないと感じていましたし、何より時間がありませんでした。本殿の写真を撮った時間が16時35分。もう一つの吉備津神社、「吉備津彦神社」に歩いて行くにはもう時間が足りませんでした。私の経験では、17時を過ぎると参拝できない寺社が多いので。ここまで来たらそれ(吉備津彦神社)も見たいっ。てな訳でタクシーに飛び乗って一目散にそこへ向かいました。

ところで、吉備国には元々「吉備津神社」がありましたが、律令時代に吉備国が備前・備中・備後、それに美作の4国に分かれた際に、備中の「吉備津神社(岡山市吉備津)」、そして備前には「吉備津彦神社(岡山市一宮)」、備後には「吉備津神社(広島県福山市新宮町)」に分社されたのだそうです。それで合点がいきました。

 さて、件(くだん)のタクシーで「吉備津彦神社」に辿り着いたのが、16時44分。かなりご年配のとても親切な運転手さんが乗務されていて、街道まで出ずに山際の近道を通ってくれて、降り際に色々な観光パンフをいただきました。ついでに「備前一宮駅」の場所を教えてもらって別れたのでした。観光というものは様々なプレーヤーのホスピタリティで成り立っていると感心した瞬間でもありました。合掌。

 「吉備津彦神社」では、幸いにも参拝できました。参道の両側が池になっている「三島式庭園」でしたね。「吉備津神社」ほどの規模ではないにしても立派な神社でした。もう少し時間が取れたら良かったのですが。

吉備津彦神社参道
吉備津彦神社参道
吉備津彦神社山門
山門
吉備津彦神社本殿
吉備津彦神社本殿
拝殿
拝殿

 JR吉備線「備前一宮駅」で17時少し前発(定刻を遅れていたような)の岡山行きの電車に飛び乗って、と云うより倒れ込んで、自分の身なりをチェックしましたが、頭はボサボサ。服の表面は霧のような水滴が付着しており、下着は汗でぐちゃぐちゃ。たぶん、体中から水蒸気が立ち上っていたのではないかと思います。(惨)結局、岡山駅構内のコンビニでおにぎりを購入して、マリンライナーの車内でぼそぼそと遅めの昼食を。いつか天気の良い日の再見を誓ったのでした。
スポンサーサイト

まほろばの吉備路(その4)

平成23年8月20日(土)
 作山古墳には結局登ることなしに、古墳脇の切り通しを抜け、小さい集落の端っこに出た私の目に飛び込んできたのは、見渡す限りというのは少し大げさですが、広めの田園風景と小高い山並みの中に凛とたたずむ「備中国分寺」の五重塔でした。これこそは吉備路のシンボル的存在にして多くの吉備路ファンが崇敬する山里の風景なのです。あ~来て良かった。20数年前と変わらぬ風景がそこには残されていました。開発が進んで折角の景観を壊すような高層マンションなどが建っていたら興ざめだなあなんて考えていましたが杞憂でしたね。

吉備路五重塔
吉備路五重の塔
国分寺山門
国分寺山門
備中国分寺高札
備中国分寺高札
客殿
国分寺客殿と勅使門
備中国分寺伽藍配置図
伽藍配置図

 私にとって岡山県は第2の故郷だと思っています。二十歳の4月から25歳の3月までの5年間を岡山大学の法文学部(第二部)に通いました。親元を離れて初めての独り暮らしで、貧乏だった私は、通学途上にある「入矢商店」(食料品店)の中年夫婦にいろいろ安い野菜をただでもらったりというような援助をしていただきながら、何とか卒業・就職できたのでした。今の暮らしの原点がそこにあります。ということもあって、岡山県は昔のままであって欲しいのです。雲一つない青空に浮かび上がる烏城、夕日を照り返す旭川、白壁まぶしい倉敷、田園の吉備路。

キョウチクトウの花
キョウチクトウの花

 さて、国分寺の境内には、平山郁夫画伯がスケッチした地点を記した石碑がありました。

平山郁夫画伯の記念碑
平山郁夫記念碑
五重塔
五重塔

 風景画の題材は、どこにでもあるようで、どこにでもあるというものではありません。心の琴線に触れるものが、情動が必要だと思います。対象の背景に人の情念のようなものがあれば、自然と筆が走るのではないかと思います。同じ寺社・仏閣を眺めても、過去に誰かと一緒に眺めたとかの経験があれば感じ方は変わると思います。美しいものをそのままに映すのであれば写真で充分ですよね。更に現代のデジタルフォトの時代は、対象の色・フォルムすら思い通りに変えられます。でもね、そこにあるものはただ綺麗なものではあっても、どこか空々しくて、こころに残りません。ハワイの空の色、海の色、山の色、これらは、有名な写真家が無数に捉えていますが、行って実際に観たことがなければ、結局はただの“かきわり”にすぎません。

こうもり塚への道標
こうもり塚への道標

 これに対して、対象の形、色、空気をこころに映して、こころで感じた形、色、空気に昇華させて、思いのままにそして情念(歓び、愛、恨み、悲しみとか)をエッセンスとして付け加えていきながら対象を描く。これこそが芸術なのだと思うのです。映画やテレビドラマで、主人公がいた街・風景を、自分も感じたいという感覚もこれに似たものがあると思います。てか、いったい何を云いたいのだろう?とにかく、備中国分寺の風景をお楽しみくださいませ。

国分寺本堂
本堂(あ、雨粒が・・・)
大師堂
大師堂

    つづく(次回は旅の終着駅「吉備津神社」編です。)
 

まほろばの吉備路(その3)

平成23年8月20日(土)
 午後1時40分、総社宮を後にした私はおよそ20年ぶりで備中国分寺を目指すことにして南進。約1.5㎞を約15分で歩き「やよい広場」に辿り着きました。それは自転車道の途中にある休憩所であって無人の案内所でもある施設です。各方面への道標や復元された高床式の倉庫ようなものもあって、良い目印です。お陰で迷わずに備中国分寺への道を歩むことができました。

やよい広場看板
やよい広場案内標識
やよい広場
やよい広場

 ここで、この日歩いた行程を紹介します。下に掲載した地図の左側総社駅から右側の備前一宮駅までの約15㎞です。

吉備路
行程図(備中総社駅~備前一宮駅)

 標識にあるように、やよい広場から「作山古墳」までは、広大で緑豊かな稲田の中の道を約1.4㎞歩きます。この時点では雨は小康状態に。午後2時13分、古墳は背が低い小山といった趣で、駐車場脇から小径が上に続いていました。近づき過ぎているため全体像がわかりません。下のリンクから入っていただくと、航空写真で全体が確認できます。

自転車道道標
自転車道案内標識
作山古墳
作山古墳(前方後円墳)

 ウィキペディアによると『作山古墳(つくりやまこふん)は、岡山県総社市南東部に位置する古墳時代中期の前方後円墳である。(中略)国の史跡。5世紀の中頃、古墳時代中期に造営された古代吉備王国の豪族の墓と思われる。全国で9位の規模の古墳で、岡山県下では造山古墳に次いで2位の規模である。』とあります。

作山古墳高札
作山古墳高札

 古代吉備王国に思いを馳せながら私の旅は続きます。

作山古墳航空写真 吉備路観光案内(KIBIJINET)から

まほろばの吉備路(その2)

平成23年8月20日(土)
総社駅から東に向いて歩きだした私ですが、途中で東総社駅に行こうと方向転換しました。というのも、ひょっとしてレンタサイクルがあるかも、確か乗り捨て場所に指定されていたなあと思い出したからでした。総社市役所前の交差点に市内地図があって、東総社駅の場所を確認できましたが、備中国分寺とは正反対の方向でした。その頃には、悪いことに傘をささないとびしょ濡れになりそうな雨足になっていました。

 東総社駅は、ローカル線らしいこぢんまりとした駅でした。駅前で探しましたが、それらしい施設がないため、ほんの僅かな逡巡ののち、自転車は諦めて全行程を歩き通す覚悟をした訳です。(これは内緒ですが、本当は、挫けそうになって「もう帰ろう。」と時刻表をまじまじと眺めた私でしたが、次の吉備線岡山方面行きの便までにしばらく時間があったので、最寄りの神社『総社宮』へ行くことにしたのでした。)

 総社(宮)は、平安時代に創建され、その社(やしろ)が町の名前になるぐらい歴史のある神社なのです。この神社の特徴は、鳥居のある正面からと、もうひとつの入り口からとの、二つの方向から屋根付きの参道が本殿に続いていることと、屋根付きの参道に挟まれたように、三島式庭園があることでしょうか。

総社宮鳥居
総社宮鳥居
屋根付きの参道
屋根付き参道
屋根付き参道②
屋根付き参道から境内を望む
三島式庭園
三島式庭園

 池の中の神社には「厳島神社」という名札が。その写真を撮っていると、池のなかで「ズッボーン」という大きな音がして、金色の巨大な鯉が濁った水面から身を翻して水中に消えていったのですが、その音に驚いた私は、折からの雨で濡れた花崗岩の太鼓橋の上から滑って転落しそうに・・・。今年、酔っぱらって自転車ごと池に転落した悪夢が一瞬脳裏をよぎったのでした。水難の相が出ている私は水辺に近づけません。トホホ(悲)

 総社宮の御祭神は、大己貴命(大国主命)・須勢理毘売命(スセリビメノミコト)・神祇官八神(神祇官の御巫〈かんなぎ〉の祭る神八座)・備前国一二八社の御祭神で、御神徳は、病気平癒・地鎮・縁結び等だそうです。総社宮に詣でると、備前128社の神社を詣でたことになるというお得な神社のお話でした。

境内
境内
本殿
拝殿(本殿)
天の岩戸開き神々
拝殿前の神楽面①(天の岩戸開き神々)
備中神楽神々
拝殿前の神楽面②(備中神楽神々)
不詳の神々
拝殿前の神楽面③(不詳)

 なお、総社市観光ガイドによると、「拝殿には多くの絵馬が奉納されており、円山応挙や大原呑舟といった有名作家の絵馬も奉納されています。」とのことでしたが、今回はそれらは見ることは出来ませんでした。   続く

総社市観光ガイド

まほろばの吉備路(その1)

平成23年8月21日(土)
 『吉備国(きびのくに)は、古代日本の地方国家である。現在の岡山県全域と広島県東部と香川県島嶼部および兵庫県西部(佐用郡の一部と赤穂市の一部など)にまたがり、筑紫、出雲、大和、越、毛野などと並ぶ有力な勢力の一つだった。』とウィキペディアに書いています。そして、後の律令時代(大化の改新頃から10世紀までの約3世紀)には、そこは『備前国・備中国・備後国・美作国』と呼ばれていました。

吉備国
古代地図(ウィキペディアから転載)

 さて、立秋も過ぎてお盆の送り火も終わった8月21日(土)、思いたって岡山県は古代吉備国に行くことにしました。岡山県ではこのエリアを『吉備路』と呼んでいます。さて、香川県高松市から吉備路に行くには、JR瀬戸大橋線を利用して岡山駅まで行き、そこからJR吉備線もしくはJR伯備線で行く方法がありますが、曇り空にも関わらず、私は「えいっ!やっ!」で岡山県「総社」までの切符(1,810円)を購入して11:10発のマリンライナーに飛び乗りました。後から振り返るとこれが間違いの始まりでした。何にも計画も立てずに、ただただ衝動的に行動してしまう、本当に馬鹿は死ぬまで直らない。

 岡山駅で伯備線(2番ホーム)に乗り換えて、12時46分にJR伯備線の総社駅に降り立った私は、取りあえず観光パンフレットが置いていないか探してみました。残念ながら置いてあったのは岡山発の国外・国内ツアーのパンフレットだけでした。駅の壁面に総社観光イラストマップを掲示してあったので、とりあえずそれをパチリ。

総社駅ホーム
総社駅ホーム(南向きに撮影)

JR総社駅
JR総社駅全景

総社観光イラストマップ
総社市観光イラストマップ(部分:総社駅で撮影)

 次に駅周辺でレンタサイクルのお店を探してみました。これも、雨がぽつりぽつり降りだしてきて、傘をさして自転車で走るのもね~とか思い、あまり熱心に探さなかったのでやはり見つからず。仕方がないので、取りあえず東へ向けて歩き出すことに。何の計画も立てずにとは云いましたが、何の目算もなく歩き出した訳ではなくて、事前に『里山を歩こう 吉備路』というHPで、大雑把ではありますがサイクリング・コースを研究していました。それによると総社から備中高松までの間に、いろいろな観光スポットがあることは承知していました。そしてその行程が約11㎞ぐらいということも。

国分寺の案内標識
備中国分寺の案内標識

 しばらくして、そう云えば、先ほどのHPで紹介されていたサイクリングの代表的な行程は、出発点が「備中高松駅」で、終着点が「東総社駅」だったなあ・・・。←想い出すのが遅い。アホ。道路沿いの標識には『備中国分寺』の標識が・・・国分寺だけは見て帰りたいなあ。少し不安になってきた。   続く。

里山を歩こう 吉備路
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。