スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅への誘い(その3)

平成23年4月29日(金)
 『鞆の浦』はいまだに決め手が見あたらないので、取りあえずGWは『香住』に行って蟹食べようかと思う今日この頃です。県外の大学に通っている娘とマーチングバンドに命掛けの娘の都合次第ですが・・・。
遅咲きの桜
土手に咲く遅咲きの桜(香川県高松市春日川)

 さて、唐突ですが、京都の5月15日(日)は『葵祭』です。衝動的に安宿と高速バスのチケットと御所の観覧席の切符を入手してしまいました。そこで、『今年こそ制覇するぞ!京都三大祭(葵祭5月、祇園祭7月、時代祭10月)』。でもね、思い出したのが遅くて、『下鴨神社』の観覧席は既に売り切れでした。悲。あとは『雨男』の本領を発揮しないように、なるだけ慎ましやかに日々を送ること。何故なら、雨が降ると葵祭は翌日に順延となります。そうなると観覧席の切符が無駄にならないように、会社を休まなくてはなりませんから。あはは。え、翌日も雨だったら?観覧席の切符代が帰ってくるのです。うふふ。
スポンサーサイト

旅への誘い(その2)

平成23年4月23日(土)
 イメージ先行なのか、福山市観光協会のホームページで調べるかぎりでは、「鞆の浦」って微妙。例えば「グルメ・お土産」情報によると、食事はお店の名前・場所・タイプ:日本料理等が紹介されていますがあまり特徴がなく店選びには適していません。第一、鞆の浦って何がお勧めの食べ物なのかわかりません。瀬戸内の地魚ってことなのかもしれませんが、それは何も鞆の浦に限りませんよね。本当は観光協会のHPで、個々のお店の特徴って出せないし、出してはいけないのかもしれませんね。期待する方が悪いのかも。観光情報も平板であまり魅力を感じません。カバーするエリアが広ければ広いほど、また、「公」に近ければ近いほど、「まんべんなく」というドグマに陥って、特徴のないおもしろくない情報になっちゃうのかもです。(すみません。云いすぎました。)

 グーグルで探しているとこんなホームページがありました。この中に『鞆の浦』の記述や写真が掲載されています。リンク切れや情報が古いものもあるようですが、一度眺めて見てください。
日本の旅・鉄道見聞録

 こんなのもありました。対象エリアが少し狭いぶん詳しいかも。
福山市 鞆の浦・仙水島ホームページ

 いつもどおりウイキペディアもご覧ください。
ウイキペディア『鞆の浦』

 こうして見てくると、鞆の浦を表すキーワードは、「潮待ちの港」、「坂本龍馬」、「温泉」、「足利氏」。・・・「ポニョ」といったところでしょうか。
続く・・かもしれない。

旅への誘い(その1)

平成23年4月20日(水)
 今年のGWは、どこへ行こうか。最近のパターンは北前船の寄港地を巡る旅が自分の中では流行っています。と云っても尾道だけですが・・・。倉敷や津山はどうなの?
 今は、漠然と、できれば『鞆の浦』へ行きたいと思っています。旅というのは、行く前も、行ってる最中も、帰ってきてからも楽しいものです。GWも迫っているので、早急に旅程を考えないとです。あ~いそがし。
 まずね日帰りできるかどうかを検討します。スマートフォンのアプリ「路線ドロイド」で経路検索。私の住んでいる香川県は高松市からマリンライナーに乗って、瀬戸大橋を渡って岡山へ、そこから福山まで、新幹線(1時間58分、ひかり使用で4,590円)で行くか、または山陽本線のローカル列車(2時間5分、2,400円)で行くかによって、旅費も所用時間も随分違うはずです。ありゃ「ひかり」だと所要時間はそんなに変わらないのに、旅費は約2倍?本当かな?これではひかりに乗る人いないよね!てなことを考えながら、次は福山から鞆の浦までは、何キロあるのかな?そう言えば福山駅から見えた『福山城』も、名前は知らないけど立派なゴシック風の教会も、一度近くで見るべきかな?などと欲張ってもみるのです。
 さて、今度はグーグルで検索すると、どうやら「鞆鉄道株式会社」(トモテツ)の路線バスで行けそうとなります。約15分間隔で福山駅から発車するバスに乗って所要30分で鞆の浦へ。運賃510円。ここまで調べると、高松から鞆の浦まで片道約3,000円で、所要3時間となります。朝6時に出て、夕方6時に帰るとすると、鞆の浦の滞在時間は6時間となります。昼食が1時間、休憩1時間とすると、観光できる時間は4時間です。
 となると、次に検討するのは鞆の浦の観光地には、どんなものがあるのかということになりますね。これもグーグルで検索。ありました。「福山市観光協会」のホームページ。
続く

「絶景かな、絶景かな、春宵一刻値千金とは、ちいせいちいせい・・・」(石川五右衛門)

 今日は、絶景2題です。世界遺産「姫路城」(白鷺城)は、ただ今工事中につき、私のブログでお楽しみください。

世界遺産「姫路城」

 ついでに天守閣からの眺めもどうぞ。ヽ(´ー`)ノ

天守閣からの眺め

 もう一題は、世界一の「瀬戸大橋」主塔からの眺めです。手前に見えるのは、与島の駐車場。遠景は、下津井に至る島々を渡る瀬戸大橋です。

瀬戸大橋1

 反対側は、香川県坂出市のコンビナートです。

瀬戸大橋2

フーテンの寅さん

フーテンの寅さん若い頃は、フーテンの寅さん、嫌いでした

 なんかこうとにかく惨めで悲し過ぎると・・・。でもね、一定の年齢を過ぎたあたりから、何となく懐かしい気持ちになってきました。それで、寅さんの足跡を見つけると、とても嬉しい気持ちになる自分に気がつきました。

 愛媛県と広島県の間に、大崎上島という島があり、そこの御手洗という港に行ったときに、その一つを見つけました。土地の観光パンフに御手洗の入り江に、ボラが餌付けされていて、そのボラに寅さんが餌を与えたとかなんとか書いてありました。早速、観に行って一人“悦”に入っていました。

 この御手洗と云う港は、その昔、汐待ちで栄えた港でした。港の一角にある資料館や劇場でセピア色に褪せた古い写真を見せてもらいました。港いっぱいに汐待ちする船が溢れ往時が偲ばれました。また、悲しい遊女の写真も残されていました。

 この港は、禁門の変(蛤御門の変)で京都を追われた長州藩の三条実美ら尊攘派七公卿の内の何人かが立ち寄ったことでも有名です。もの悲しい歴史のひとコマを垣間見ることができる港でもあります。是非、ここも訪れて欲しい場所です。
プロフィール

endlessdiscovery

Author:endlessdiscovery

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。